FC2ブログ

先週の土曜日でめでたく65歳になりました。
誕生日の関係で定年は一ヶ月伸びるので来月半ばまでは出勤。
何がめでたいかは、昨日若い男性の社員と話をしていて、
「もう、台風や大雪の日の出勤を考えなくてもいいのよ」
「冬の寒い朝、あと5分寝かせてもなくなるのよ」
「料金が跳ね上がる時期に旅行しなくてもいいし」
etc.
「うらやましいっすよ、早くそうなりたい」
「そうね、あと30年頑張れば実現する夢だよ」

30年ですむかしら?それよりも会社が存続しているかしら?
不安は尽きないけれど、とにかく私はこれ以上厚生年金の価値が下がらないうちにお先に失礼。

この一ヶ月で三度転びそうになった。
一度目は本棚の一番上のものを取ろうとして椅子に乗った時。
脚の下に滑りをよくするフェルトが着いていてこれがフローリングの床を滑ってしまったのだ。
幸いにも滑った椅子を止めてくれたのがパソコンを置いている机。
顔を本棚にぶつけたが怪我もなく椅子から落ちることもなく済んだ。

二度目はベランダにあるわずかな段差でつまずいた。
窓を全開にしていてちょうど部屋に入るときだった。
この時も窓際に置いてあるこの机が倒れ掛かった体を支えてくれた。
少し肘を打ったがとりあえず軽い痛みで済んだ。

そして三度目が昨日の朝。
パソコンとルーターを繋いでいるコードに足が引っかかった。
もうこの時ばかりは完全に倒れるという予感が瞬間的にひらめいたがまたもやパソコン机が救ってくれた。
ルーターが倒れただけで済んだ。

実はこのコード、暫定的なもの。
徒歩15分くらいの所にある大型家電店に行くのをためらって徒歩5分の個人電気店で間に合わせたため長さが足りない。
なにせこの一種類しかなかったのだ。
せっかちな性分からこのような失敗はしばしばある。
歳を取ると転倒が一番怖いと母にはいつも言っている自分が一番不注意。
転ばぬ先の杖ではなく、転んだ先の杖となってくれたパソコン用の机、
今日は感謝を込めて丁寧に掃除をした。
Secret

TrackBackURL
→http://komakoma364.blog.fc2.com/tb.php/31-6dc3ccff