FC2ブログ

定年直前に引っ越し。一人でも楽しく暮らす工夫をし、初めての土地で、初めての年金生活始めます。

思い出に残る高校野球の試合と選手を選ぶという番組があった。
ファン10万人からのアンケートを基に順位を決めるというもの。
MCを務めた爆笑問題のファンでもあるのでつい、のめり込んで楽しんだ。

同時刻にラジオでは村上春樹の番組が重なった。
もう二ヶ月前からカレンダーに印をつけていたのだ。
結局、ラジオの方を録音にした。

村上春樹の生声を聞くのは二度目だ。
一度目は海外で賞を取った時のスピーチで、すべて英語だった。
今回は東京FMだったので、普段の話し方はこうなんだという感覚で聞いた。
声質は意外にも低いというよりは太いといった感じで、数々の作品から受ける印象とやや違っていた。
話し方は69歳とは想像できないほど若々しくテンポもいい。

顏と声を別々に知るのは、後ろ姿と正面のようなもので、こちらの勝手な想像でギャップになる。
同時であれば多少の意外性があってもそのまま受け入れられるような気がする。

私は二度ほどラジオで自分の声を流したことがある。
一度目は小学校6年の時で、NHK秋田放送で自分の作文を朗読した。
二度目はFM横浜で比較的最近の3年ほど前。
こちらは仕事で、会社のPRのようなものでインタビュー形式だったが、なにせ生放送で編集がきかない。

ラジオって案外聴いている人が多いようで、退職したOBの人からも“聞いたわよ”コールがあり、驚いた。
自分の声にはコンプレックスをもっているので、優しい語り口調で聞きやすかったと言われてもお世辞としか受け取れなかった。
やはり顔と声は同時がいい。


2018.08.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://komakoma364.blog.fc2.com/tb.php/213-358f83d5