FC2ブログ

定年直前に引っ越し。一人でも楽しく暮らす工夫をし、初めての土地で、初めての年金生活始めます。

子供の頃の夏のおやつはほぼ毎日トマトだった。
それも冷蔵庫で冷やしてきれいにカットしたものではない。
畑でもぎ取った生温いトマトをじかにかぶりつく。

畑にはきゅうりもトウモロコシもあったが、さすがにこれらはじかにかぶりつけない。
一応、茹でるか切るかというひと手間がかかる。

とくに田舎のきゅうりは太さも長さも色もまったく別物だ。
縦に半分に切ると種がビッシリ詰まっている。
この種を指でしごいて溝を作り、そこに味噌を塗って食べていた。

そんなことを思い出し、昨日はわざと包丁も火も使わず、野生的なランチとした。
冷蔵庫で冷えているトマトは塩だけでかぶりつき、きゅうりもそのまま味噌でかじった。
これがなかなか美味しく、癖になりそうだ。
いえいえ、単に暑すぎて無精をしただけの言い訳です。

演出としては、昔の風情を出すために冷房のスイッチを切り、苦手な扇風機と団扇を使う。
扇風機が苦手な理由は髪の毛が顔にくっ付くからという単純なもの。
さすがに小一時間くらいで我慢の限界。

再び冷房を利かせ、ビルマの竪琴を読み始めるが、一ページ半位で昼寝に陥る。
目が覚めたら頭の中で埴生の宿の曲が繰り返されている。
さすがに竪琴は持っていないのでハーモニカで吹いてみる。

ダラダラしていたらあっという間に夕方になってしまった。
カボチャを煮て、枝豆を茹で、冷奴を用意して缶チューハイを開ける。
まるで一人ぼっちで無人島で生活しているような一日だった。

あぁー焼き肉食べたい

2018.07.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://komakoma364.blog.fc2.com/tb.php/206-0c673524