FC2ブログ

定年直前に引っ越し。一人でも楽しく暮らす工夫をし、初めての土地で、初めての年金生活始めます。

イスラム教の国々を旅行していると突如としてスピーカーから大音響が町中に鳴り響く。
そろそろお祈りの時間だよー、支度しろーというようなことを告げているアザーンというものだ。
これが一日に五回流れる。

一度目は夜明け前であるため、たいていの旅行者はこれでビックリ飛び起きることになる。
その後は眠れず一日中寝不足になるが、何日目かになるとすっかり慣れてしまい、これぞ異国情緒だと悦に入る。

アザーンではないが、仕事を離れてから市のお知らせなどが街中に流れるのを聞く機会が増えた。
最近は市長選があったせいで、投票を促すものが多かった。
ときどき振り込め詐欺が多発しているとか、行方不明者のお知らせなどもある。

今日は午前中だけで行方不明者のアナウンスが二件もあった。
一件は84歳の男性で、もう一件は67歳の男性だという。

場所と時間、服装、背格好なども伝えているがほとんど聞き取れない。
市役所に近過ぎるせいなのか、風向きのせいなのか、毎回聞き取れない。
もしかしたら自分の耳がどうかしているのか不安になることもある。

それでも67歳と聞こえただけで反応してしまった。
年齢が近いということで他人事でなくなる。

徘徊でなくても散歩途中で道に迷うことだってあるかもしれない。
事故や事件ということもあるかもしれない。

一人暮らしだと誰も気づくことなく、探されもしない。
どんよりとした梅雨寒の日にスピーカーから流れるアナウンスには、なんともいえぬ心細さがあった。
この悶々とした鬱陶しさはひょっとしたら梅雨バテかもしれない。

2018.06.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://komakoma364.blog.fc2.com/tb.php/190-b072cc61