FC2ブログ

定年直前に引っ越し。一人でも楽しく暮らす工夫をし、初めての土地で、初めての年金生活始めます。

体重63キロの男には、石鹸7個分の脂肪、鉛筆9,000本分の炭素、マッチの頭2,200本分の燐、
下剤一服分のマグネシウム、中位の釘1本分の鉄、にわとり小屋を塗り替えるのに十分な石灰、
一匹の犬からノミを追い出すに十分な硫黄、10ガロンの樽にいっぱいの水分がある。


いつの時代なのか、F.E.ローソン博士という人の言葉のようだ。
“精神”をとりのぞいた人間とはおおよそこのようなものなのだと。
たまたま手に取った本に書いてあったのを写してきた。

30代、40代の頃は貧血症状があり、健康診断では毎回引っかかっていた。
男女の差があるにせよローソン博士が言うところの、中位の釘1本分の鉄がおそらく極小の釘だったのだろう。
意識してほうれん草やひじき、焼き鳥だったらレバーを食べるようにしても改善されなかった。

先日、月に一度のクリニックで血液検査の結果が出た。
かろうじて鉄分はセーフだったが、今度はカリウムが不足している。
今度はバナナとジャガイモだ。

ところで体を覆っている皮膚の厚さは、現代人の日本人で約2ミリだそうだ。
顔の皮膚はほぼ1ミリで、額と鼻の先は1.5ミリ、上まぶたは0.6ミリ。
いわゆる面の皮の厚さは男女とも差がないという。

Beauty is only skin-deep
美は皮一枚という英語圏のことわざ。

美人でない人を慰める言葉としか受け取れないのはひがみに違いない。
せめて面の皮の厚さだけでも平均でいたいものだ。

2018.06.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://komakoma364.blog.fc2.com/tb.php/185-906d8fb3