FC2ブログ

定年直前に引っ越し。一人でも楽しく暮らす工夫をし、初めての土地で、初めての年金生活始めます。

きょうは雨とわかっていたのでペン習字の練習日と決めていた。
手書きをする機会が減少したとはいえ、できれば綺麗な文字を書きたいものだ。
同じように考えている人は案外多いとみえ、書店に行くといわゆる“美文字”系の書籍が溢れている。

ペン習字は美文字を書くためだけではなく、集中力の訓練にもなる。
私の知人で今年90歳になる女性は定年退職後に書道を始めて、いまだに続けていらっしゃる。
目的の一つには集中と緊張する時間の確保が入っているという。

横浜近代文学館や鎌倉文学館などで著名な作家の手書き原稿を拝見したことがある。
三島由紀夫氏の文字は実に美しいが、彼は人が読むものは読みやすく、読まれたくないものは自分にしか読めない字で書くという使い分けをしていたという。

『書は人なり』というが、『文字も人なり』である。
達筆過ぎて読めない文字で、クレームや問い合わせをいただき困ったこともあった。
要するに美文字とは上手い下手ではなく、誰でも読める字を書くことだと実感した。

ペン関係の雑誌に載っていた著名人の書く文字。
fc2blog_20180425113129456.jpg

出版社で働いていた友人はペンの持ち方も書く文字も独特だ。
なんでも大江健三郎氏が書かれる文字に憧れてペンの持ち方から真似をしたのだそうだ。
そうなんです、自分が書きたい文字を真似するのが一番の方法。
教室で習う文字だって結局はお手本の真似なのだから。

私が憧れている文字は女優の井上真央さんの文字。
お人柄が信頼できそうな印象を持ちました。
fc2blog_201804251028228af.jpg

2018.04.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://komakoma364.blog.fc2.com/tb.php/164-11ab66ff