FC2ブログ

定年直前に引っ越し。一人でも楽しく暮らす工夫をし、初めての土地で、初めての年金生活始めます。

気温の高さは気にならないが湿度は苦手なので、今の時期が一番好きだ。
最も高い気温を体験したのは真夏のイエメンと真夏のドバイ。
イエメンでは50℃まで計れる温度計が壊れたので、実際はそれ以上あったのかもしれない。
高層ビルが建ち並ぶドバイも似たようなものだが、湿度がやや高い。
ガイドブックで徒歩10分以上とあったら、タクシーを利用する目安と教えられた。
つまり、10分までが暑さに対して安全な徒歩圏内ということになる。

桜の季節とは思えないような気温が続いている首都圏だが、埼玉県にある幸手権現堂桜堤という所まで最後のお花見に出かけた。
友人がテレビかラジオの情報で知ったという、桜と菜の花のコントラスが楽しめる人気のスポットだそうだ。
そう言いつつ、本人は場所の読み方を知らないという。
幸手権現堂桜堤は“さってごんげんどうさくらつつみ”と読むことを知った。

fc2blog_20180404102021ac8.jpg

桜は三割散り始め、菜の花は五~六割咲きというタイミングの悪さではあったが充分に満喫した。
桜の開花が例年より早く、菜の花の開花が遅れたのが原因だそうだ。

fc2blog_20180404064310a5b.jpg

fc2blog_2018040406413336f.jpg

駅からは臨時バスも増発されていたが、ドバイではないので歩くほうを選んだ。
徒歩30分とあったが、実際は40分ほどかかったが気持ちのいい汗をかいた。
帰りはバスにしたが、ご高齢の男性がバス停で気分が悪くなったようで救急車を呼ぶというハプニングにも出くわした。

年年歳歳花相似たり、歳歳年年人同じからず
毎年毎年、花は変わることなく咲くが、その花を見る人は年ごとに異なっている。

今年ほど桜を堪能した年はないが、来年も今年の友人と花見ができるかわからない。
若いころは思いもしなかったことが、だんだん現実味を帯びてくる。
人だけではなく、桜や菜の花だって今年と同じ咲き方をすることはない。
花も人も刹那に変化するもの。

2018.04.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://komakoma364.blog.fc2.com/tb.php/145-b41be23e