FC2ブログ

定年直前に引っ越し。一人でも楽しく暮らす工夫をし、初めての土地で、初めての年金生活始めます。

ひところ頻繁に固定電話にかかってきていた0120で始まる電話がピタリとこなくなった。
多い時には日に5~6回、早い時には朝9時前からかかってくることもあった。
ナンバーディスプレイにしているので電話を取ることはしないが、かなり不快に感じていた。

引っ越しで電話番号が変更になってからは実家にしか伝えていない番号、もちろん電話帳にも記載していない。
在宅中であっても留守電に設定しているがたいていメッセージは残さない。
たまに0120なのにガス会社を名乗り、一方的にテープからメッセージを流すものもある。
ガス料金の滞納の催促だ。

光熱費と固定電話代、NHK受信料は専用の通帳にしている。
60歳で一旦定年になったとき、過去のデーターをもとにザックリとやや多めに計算した金額を、何の根拠もなく予測寿命までの分として入れてある。
だからこの通帳は減る一方で増えることはない。
それ以外のもの、例えば新聞代、生命保険料、スマホ代など任意で変更解約できるものはまた別にしている。
性格通りかなりどんぶり勘定であるが、だからといって節約精神が乏しいわけではない。
かかるものはかかるのだから、いちいち気にして余計なストレスを作りたくないだけ。
公共料金の滞納で孤独死なるものが発覚する例もあるというので、はたして今のやり方がいいのかどうかという不安もないわけではない。

固定電話の話にもどるが、一度だけ姪を名のった電話を受けたことがある。
今駅にいるから迎えに来てというものだったが、まだ引っ越し先も最寄りの駅も知らせていないときだった。
一度電話を切った直後にすぐまた同じことを繰り返した。
ナンバーディスプレイは公衆電話とでていたが、姪が公衆電話からかけることはないので、今忙しいからの一言で切られてしまった。
姪と言われると確かに声がそのように聞こえてきたのが不思議である。

2018.03.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://komakoma364.blog.fc2.com/tb.php/129-30578e81