FC2ブログ
杉並区の住宅街でミミズクを見かけたというので、各マスコミが大騒ぎしていた。
なんでもペットとして飼われていたミミちゃんが逃げ出していたという。
そのミミちゃんが昨日、亡くなって見つかったようだ。

ミミズクとフクロウの違いはよくわからないが、私の廻りにも好きな人が多い。
もちろん生きたものでなく、グッズ集めだ。

フクロウは不苦労や福来郎、福老などという当て字で、たいてい縁起物として好きな人が多い。
またギリシャ神話の知恵の神アテナの使いとして、叡智の象徴ともされている。

我が家にもいくつかフクロウだかミミズクだかがいる。
海外で買ったものが多いが、一番可愛いのが日本産のもの。

名前はトンキーで、頑丈で立派な革でできている。
頭の後ろに口があり、下には鍵が掛かっている。
餌はもっぱら500円硬貨で、つまり貯金箱だ。

fc2blog_20190226100947352.jpg

年金生活に入ってからは一度も餌を与えていない。
そんなわけでまだ腹三分くらいの栄養失調。
空き巣にでも入られない限り、逃げ出すことはない。

2019.02.24 大切な本
ドナルド・キーン氏が亡くなられたというニュースに、真っ先に目が向いた。
勿論、面識も関わりもない。

書店で偶然見つけた彼の自叙伝、未だに大切な一冊となっている。
40代で英語の独学を始め、そこそこ洋書を楽しめるようになった頃だった。

キーン氏が源氏物語に出会ったのは、お金で苦労していた学生時代。
金額の割にはやたら分厚く、単にお得感だけで購入したのが日本文学を知るきっかけになった。

アメリカ人としての太平洋戦争のこと、日本文学のことなど、外国人に教えてもらった。
かつて文部大臣を務めた永井道夫氏との交友録も興味深い。
京都での生活を通し、私たちが気づかない日本人を教えてもらった。

fc2blog_20190224111524f94.jpg

人間の関心や興味というのは面白い。
日々のニュースのなかでのそれは、多少と言えど経験や関わりによる。
トップニュースや重大ニュースを差し置いても、個人的に重要なことがある。
井上陽水の傘がないという曲は、如実にそれを表現している。

大切に保存してある古い雑誌には、キーン氏の手書きの手紙が載っている。
こちらも見事な日本語。

fc2blog_20190224111554e5d.jpg

96歳、大往生ですね。
ご冥福をお祈り申し上げます。

2019.02.20 新種の詐欺
NHK歌コンを見ていた。
デーモン閣下が出ていたので相撲絡みかと思ったら、何と何とクイーン特集だった。

島津亜矢さんと一緒に歌われた。
島津さん、クイーンも歌うんだと思いきや、圧倒的な歌唱力に脱帽。

♪Mama, just killed a man, put a gun against his head♪
まさに女フレディマーキュリーと言っても過言でない。

英語の学習には洋画を観るか、洋楽を歌うのがいいと勧められたことがある。
確かに映画は聞き取りには最適で、辞書にない言葉や表現も詰まっていて勉強になる。

歌う方はダメだった。
歌詞を音に乗せることができない。

人には向き不向きがあり、学び方もそれぞれ。
私には読むほうが合っていると悟る。

最近、国際ロマンス詐欺というのが話題になっている。
中高年女性に被害者が多いそうだ。

未婚であったり、離婚を考えているような女性が甘い言葉に引っかかる。
シャイな日本人男性が口にしない言葉で、弱みにつけ込んでくる。

最初は英語の勉強になるのではという、軽い気持ちで始めるらしい。
私はハニーと呼ばれただけで身の毛がよだつが。

日本人女性はお金を持っていると思われているのは、バブル時代から定着している。
国際結婚も今では珍しくないが、成功しているカップルは氷山の一角と聞く。

そもそも根底には英語コンプレックスもあるのでは。
お金と言葉の壁を乗り越えるのは容易ではない。

ちなみに英字新聞で国際ロマンス詐欺は ONLINE ROMANCE SCAMS
オンライン ロマンス スカム と表現していた。

2019.02.18 枕が原因?
CDプレーヤーが元気になって戻ってきた。
回収から土日を入れて5日という素早い対応をしてくれた。
他の家電とは違ってこういうものは、今後買い替えることはないだろう。

一度も使用していない枕があった。
試しに使ってみたら、昨日も今日も肩が痛くない。

まさか枕かなとは、一度も疑わなかった。
引っ越しの際、ベッドと一緒に買い替えたもの。

そういえば枕を変えた途端に、家族からいびきを指摘されたという人がいたっけ。
この歳になって枕の重要性を知る。

2019.02.14 肩の痛み
松坂投手がファンに腕を引っ張られたのが原因で、肩を痛めたという。
キャンプを離脱するほどというから深刻だ。

比べる対象ではないが、自分も右肩から二の腕にかけて痛みが続いている。
箸くらいは持てるが、パソコンのキーボード入力がやや困難。

さらには痒いところを掻くのと、洋服の脱ぎ着に一苦労。
昨日は電車で出かけた際、右手で吊革につかまれないことがわかった。

友人は五十肩じゃないかと言う。
60代で発症しても、五十肩になるのかな。

実際、辞書にも家庭の医学書にも四十肩、五十肩は載っているが六十肩という言葉はない。
ひょっとして平均寿命が60歳代だった時代に生まれた言葉かしら?

あれこれと考える暇があったら、さっさと病院へ行くのが賢明だ。
分かってはいるが、病院嫌いの典型的なパターンとして嘲笑されてもしかたない。

きょうは懲りもせず、4度目のボヘミアンラプソディを観る予定だったが、雨のため中止。
予定が空いたので、壊れたCDプレーヤーをもう一度よく調べてみることにした。

説明書の“故障かな”というページには、基本中の基本的なことしか書かれていない。
何もヒントが見つからないので、ネットで調べてみた。

検索の言葉を変えて何度か調べたら、ソニーからのお知らせというのが見つかった。
2017年度製造の○○というモデルに不具合が発生とある。

モデル名も不具合の内容もすべて一致した。
早速フォームに必要事項を記入し、報告完了。

すぐさまメールが届き、希望日に訪問回収の約束が取れた。
対応としては光学ピックアップ部品の修理、修理不能の際は同額モデルとの交換になるようだ。

不良品などの回収広告はたまに目にするが、まさか自分の物が当たるとは初めてのこと。
それにしても暖房器具や台所用品でなくてホッとする。
電気系統の火事は怖いですから。

2019.02.03 生活と体型
    性格は「顔」に出る
    生活は「体型」に出る
    本音は「仕草」に出る
    美意識は「爪」に出る
    清潔感は「髪」に出る
    気配りは「食べ方」に出る
    芯の強さは「声」に出る
    ストレスは「肌」に出る
    落ち着きのなさは「足」に出る
    人間性は「弱者への態度」に出る

何かで読んだ言葉をメモしてあった。
現在の自分、確かに生活が体型に出始めている。

かかりつけのクリニックで三ヶ月毎の血液検査をした。
分かってはいたが体重計に乗ってゾッとした。

昨年秋から服用している薬、合っているかどうかの判断は結果が出てからになる。
橋本病のせいだけにできない深刻な事態だ。

体重増加分はほぼ腰回りに集中している。
クイーンの音楽を聴きながらバランスボールでエクササイズ。
fc2blog_2019020312104120d.jpg