FC2ブログ
“やめられない、とまらない”といったら、大概の人はかっぱえびせんを連想すると思う。
同時にあのCMのメロディにのせて発する人が多い。
それだけインパクトの強いコマーシャルだったのは間違いない。

滅多に間食をすることがないせいか、お菓子類を買うことがない。
スナック菓子は勿論、クッキーやおせんべい類もほとんど食べない。
暇がある割には間食をする時間がないというか、心の余裕がないのかもしれない。

そんな自分が、突如として食べたくなったものがある。
子供の頃、大好きだった“でん六豆”だ。
居ても立っても居られず買いに行ったが見つけられず。
三軒目のスーパーでやっと見つけたが、たった一袋しか在庫がなかった。
人気があって無いのか、不人気で発注をおさえているのか??

とにかくゲットできた。
キャッチコピーには昔と変わらず“一粒たべたらやめられない”とある。
まさにその通り、あっという間に食べてしまった。

fc2blog_20180530100520c60.jpg

でん六豆は昭和31年の発売だというから、私が物心ついた時にはすでにあったということになる。
小学生の頃は、テレビコマーシャルで♪でんでんでん六豆うまい豆♪という音楽が流れていた。
一方、かっぱえびせんの“やめられない、とまらない”というCMは昭和44年からだそうだ。

でん六豆の会社は山形県にある。
でん六というのは創業者の鈴木伝六さんという名前からついたという。
かっぱえびせんは言わずと知れたカルビーという会社だ。

カルビーというネーミングはカルシウムとビタミンB1からとった造語だと聞いた。
戦後の日本人に不足していたこの二つの栄養素で、健康増進を図るという願いが込められているのだそうだ。

この手の商品には食べ過ぎに注意と記載されてはいるが、食べ過ぎるように作られているというのも妙な話。
スナック菓子類に限らず、適量とは大人になっても判断が難しいものだ。

子供の頃は野球よりも相撲が好きだった。
学校から帰るとすぐさま十両から観ていたものだった。
もちろん大鵬、柏戸時代を知っている。

そんな相撲から一時は遠ざかったが、知人が時どき私の名前を書いた大入袋を届けてくれることもあり、観ないわけにはいかない。
ちなみに彼は土俵の近く、砂かぶり席と呼ばれる席で観戦しているのでテレビによく映る。

今場所はいつになくテレビの前で力士顔負けの力と気合が入った。
栃ノ心は強さに加え、あらゆる面で美しい力士だ。

大関昇進が確定し、休むことなくテレビに引っ張りだこになることでしょう。
私の関心は、彼の話す日本語と着物のセンスと笑顔。
ホントに美しい。

角界のニコラスケイジと呼ばれ、ジョージア出身となればアメリカ系かと誤解されるが、ジョージアとはつい最近までグルジアだった。
ロシア色をなくすため、あえて英語読みにしたのだそうだ。

来日して13年目だというがモンゴル勢と違い、仲間もいなく言葉には苦労したことでしょう。
昇進伝達式は30日のようだが、苦労して身に着けた美しい言葉と、しこ名にある心でどんな口上をのべるか楽しみでしかたない。

難しいことを易しく
易しいことを深く
深いことを愉快に
愉快なことを真面目に

作家の井上ひさしさんが生前、好んで色紙に書かれていた言葉として知られている。

大概の人は易しいことをわざわざ難しい言葉で言うのが好きだ。
とりわけ政治家に多く、都合の悪いことにはとくに目立つ。

東大で客員教授をされていたアメリカ人のかたが、任期を終えて帰国されたときの話を読んだことがある。

奥様に、あなたの話し方はずいぶん難しくなってちっとも楽しくないと言われたそうだ。
東大ではできるだけ易しい単語を使って講義をすることを心掛けていたが、学生から不満がでたそうだ。
日本人は易しい単語や表現では、中身が軽くて薄いという印象を持つのかもしれないと考えた。

ある時から極力難しい単語を使い表現を堅くしたら、学生も真剣になり受講生も増えたという。
つまり、日本の中学英語から新聞記事的な表現に変えたようなものだと。
その習慣が身についてしまい、帰国した際に奥様から不満が出たということらしい。

デパートには独自の隠語がたくさんあると友人から聞いた。
お客様に聞かれては困るようなこと、例えばお手洗いや食事、休憩で離席するときなど。
これらの隠語は新人研修でみっちり教え込まれるそうだ。

「潰せ」は「思い切ってやれ」という意味で、試合ではよく使っている言い方だという。
入部して三年目の選手がこれを誤解するとは考えられない。
大学側の言い訳としてはあまりにも情けなく卑怯である。
まだ二十歳という選手の勇気と行動、落ち着いた真摯な態度に、本当の意味でのメンタルの強さを感じた。

電車で一駅の街にある図書館へ通い始めた。
一駅といっても川を越えるので東京都になる。

この図書館は駅から二分という好立地条件で、敢えて難をつけるとすれば散歩にならないということだけ。
ワンフロアーだけなのだが、40万冊という書籍とCD,DVDも充実している。
ユニバーサルデザインを取り入れたフロアーは通路も広く、棚の高さも低く、係員の目が行き届くようになっている。
さらには休館日が毎月第四木曜日の一日だけで、平日は夜10時まで利用できる。

450席あるというテーブルと椅子も、個人用、グループ用というだけではなく、目的にあわせてデザインも様々。
休憩用のラウンジもあり、ここでは飲食ができる。

この図書館はビルの三階にあり、同じビルの一階にはスーパーマーケットがある。
帰りにここで買い物が済ませられるのも楽しみの一つ。
先週寄ったときは、秋田県産のグリーンアスパラが4本で98円だった。
同じく秋田の味噌屋から取り寄せている、味噌だまりで作ったうま味調味料をかけて食べた。

fc2blog_201805201036250c7.jpg

fc2blog_201805201036543e4.jpg

“越すに越されぬ大井川”ではないが、これからの季節は徒歩で川を越えるとなるとかなりきつい。
還暦の赤いちゃんちゃんこは60年でふたたび生まれた歳に戻るという意味なのだから、せめて65歳以上は交通費も子供料金になってほしいものだ。

友人と会うのに渋谷まで行った。
引っ越し前は嫌でも通る街だったが、10ヵ月振りの訪渋になる。
土曜日の賑わいもあり、久し振りに若者臭空気を吸った。
街ではこんなものを無料で配っていた。

fc2blog_201805201138176d5.jpg

カゴメのトマトジュースだが、ヴァンパイアブラッドというゲームソフトのキャンペーンのようだ。
よく見かける光景だが、またしてもお年寄りの男性が二個三個と要求している。
ポケットティッシュなども二個ならまだいいが、それ以上催促して配っている若者を困らせている。

最近気に入っているコマーシャルがある。
軽トラに、初めて緊急ブレーキがついたというダイハツのハイゼットトラック。
梅沢富美雄が演じる頑固オヤジを諭す増田明美に思わず笑ってしまうが、これがなんともいい感じだ。
 
   息子の気持ち、受け止めてあげなよ

電車の中では優先席に座る若者を叱る老人もいるが、席を譲られて逆に怒りだす老人がいた。
田園風景の中での明美ちゃんはいかにも微笑ましく、諭された方も素直になれるのか。
大都会の電車の中ではそうはいかないし、誰も明美ちゃんになれない。

    他人の好意は、受け止めてあげなよ

かつては山口百恵が歌うプレイバックパート2の歌詞にある“真赤なポルシェ”を真赤な車に変えさせたNHK.
昨晩のニュースウォッチ9では、西城秀樹のハウスバーモントカレーのコマーシャルをそのまま流していた。
時代の変化か、NHKの変化か、ヒデキの偉大な功績の賜物か、いづれにしても懐かしく拝見した。

ファンであるとかないとかということを抜きにして、同世代にとってはショッキングなこと。
引っ越し前に住んでいた近くにご自宅があり、地域新聞などでも近所の美味しいお店などを紹介していた。
実家の弟と同じ年齢で、父も同じ病気で63歳の時に倒れている。

父はリハビリもさぼり、家の中でも車いすで、外に出たがらなかった。
人一倍社交的だったのに、人と会うことを嫌った。
そしてそのうっぷんはすべて母に向けられた。
結局、倒れてから10年ほどで永眠した。

身近な病気であったせいか、いろいろ取り留めもなく30年前を思い出している。
母は間もなく92歳になるが、飲酒という父のDNAを受け継いでいる私を常に心配している。

誰にも迷惑かけずに一人暮らしを楽しんでいるといっても、万が一倒れたらどれほどの人に世話になり迷惑をかけることか。
他の要件で電話しても最後は必ずこれで終わる。
まだ注意してくれる親がいることはありがたい。

蒸しがつかない暑さは大歓迎です。
これが蒸し暑いになると、とたんに滅入ってしまいます。

また電車に乗って缶酎ハイを買いに行った。
350mlを一日1缶で月に20缶消費する。
88円×20に消費税を入れて一ヶ月1,900円というささやかな楽しみ。
一度に10缶しか持てないので月に二度行くことになる。

この業務スーパーには上りのエスカレーターしかない。
酒類は二階にあるので下りは階段になる。
この階段はけっこう傾斜がきつい。
さらには安売り店にありがちなことだが、商品が所狭しと通路にはみ出して陳列されている。

歳をとると、階段は上りよりも下りが危険だ。
缶酎ハイ10缶入りのカゴを持っての階段は怖いものがある。
よりによって、背中のリュックの中には他店で買ったキャベツ、玉ねぎ、ジャガイモなどが入っている。
身長がまた2センチは縮んでしまうような重さだ。

渡りに船のように、店内にこんな案内があるのを見つけた。
fc2blog_201805150546047db.jpg

ところが、これもまたありがちなことだが、頼もうにも従業員が見当たらない。
レジは一階にしかなく、そのレジもフル回転しているからどこで御願いしていいものやら。
結局は恐る恐る自分で運んだ。
(店内にはスタッフ大募集、履歴書不要という張り紙もあった)

安さが魅力で利用しているので、サービスは望まないし不満もない。
嫌になったり、荷物が持てなくなったら行かなけばいいこと。
友人はなぜネットで買わないのかと、半ばあきれている。
私がネットを利用しない理由は、こういうリアル社会見学にあるのかもしれない。
せめてあと10年は自分の脚を使いたいものだ。

この歳でまだ老眼鏡のお世話になっていないというと、たいていの人は驚く。
さすがにこの頃は小さな文字や印刷の色具合、空模様によって辛くなってきた。
いよいよ老眼鏡を作るべきかどうか思案している。

ひとまず悩んだのが、老眼鏡とルーペの違い。
調べてみたら、手元を実物大できれいに見せるのが老眼鏡、拡大して見せるのがルーペ。
拡大している分、視野も狭くなるため長時間の使用には不向きだと。

よく立ち寄る大型書店の片隅に、拡大鏡眼鏡というものがあったのを思い出した。
最近はハズキルーペのコマーシャルが頻繁に流れている。
渡辺謙がまるで“王様と私”ばりの大げさな演技力で迫ってきて鬱陶しい。
書店で見かけたのは石坂浩二がひっそりとソフトに佇んでいるもの。
サンプルが用意されているが、掛けてみるには抵抗があってやめた。

その近くに宝島社から出ている眼鏡型拡大ルーペというものが税抜き1200円で山積みされていた。
ダメもとでこれでいいかと買ってみた。
デザインがちょッとネ・・だけど、とてもよく見える。
(北の国のあの方の眼鏡に似ているような)
いまのところ新聞と辞書以外は裸眼でいけるから、当分はこれでよさそうだ。

fc2blog_20180515095728416.jpg

みごとな快晴の今日は燃やすゴミの日。
しかし出すゴミがない。
少しはあるのだが、出すにはもったいない。

燃やすゴミは市が指定した有料の袋を使わなければならない。
スーパーやドラックストアなどで購入できる。
今日はこの袋に三分の一にも満たない量のゴミしかない。

せっかくのゴミの日なのに、出さないのももったいないという変な気分。
引っ越し前の地域は燃やすゴミは週に二回、今の所は週三回。
働いていた頃は食品ロスも多く、週二回では間に合わないこともあった。
今は食品ロスもほとんどなく、週一回でもいいくらいだ。

“ゴミを減らそう”というスローガンに大いに貢献している善良な市民といえるはずだが。
ゴミの日だからと無理矢理ゴミを探している。
無理にでもゴミを作って出さないと、有料ゴミ袋がもったいないとは本末転倒だ。
捨てたいものはたくさんあるが、燃やすという分類に属さない。

マンション専用のゴミ置き場は回収車が去るとすぐに施錠される。
違反したゴミはエレベーター前に置かれ、持ち帰るようになっている。
働いている人は朝出して出勤すると、夜帰ってくるまで置かれることになる。
働いていないとはいえ、恥さらしにはなりたくないものだ。

これからの季節はたとえわずかでも出さないと悪臭になる。
もう少し小さいサイズの袋が欲しい。
なんともケチな精神が生まれてしまった。

今日はマンションの排水管清掃日。
私の階は午後1時からスタート。
終わったのは2時30分頃、ちょうど雨も降り始め、このまま家にいることにした。

少し絵の勉強でもしようとわずかながら気持ちが動いた。
棚から本を取り出したり、スケッチブックや色鉛筆なども用意した。
古過ぎて発色が心配。

コルシカ島への決心はつかないが、絵心だけは湧いてきた。
友人にはまだ内緒。

fc2blog_20180513103218d41.jpg

五年前から絵を描き始めた友人がいる。
まったくの素人からのスタートだと本人は言っているが、謙遜も甚だしい。
あれのどこがド素人だと叫びたいくらいだ。

その友人から一緒に描こうと誘いを受けている。
しかも海外での写生だ。
一昨年はイタリアの何処かだった。
去年はスペインのグラナダまで出かけている。
今年はフランスのコルシカ島だという。

水彩画、油絵画、ペン画、はたまた写真となんでもいいそうだ。
海外で絵を描くといったら聞こえはいいし、カッコいい。
魅力は感じるが、なにせ遠近、明暗などという以前に、観察力もゼロのドドドド素人。
手持ちの色鉛筆や水彩クレヨンなど、目がいく所に出してみたものの食指が動かない。

プロの画家が企画している絵画ツアー。
参加する10人ほどの男女はシニアグループの生徒さん。

グループの一人で、本職が人形作家だという男性の作品を拝見したが、趣味の範囲をはるかに超えている。
他の皆さんも長いこと経験を積まれた方々ばかりで、玄人はだし。
このメンバーと一緒にコルシカ島まで行って絵を描こうとは誘う相手を間違えている。

“恥ならいくらでもかけるが絵は描けない”と昭和のオヤジギャグしか出てこない。
まるで世界の果てまでイッテQ!のような難題だ。

牛にひかれて善光寺ではないが、行ってしまえば何とかなるものだろうか。
実際、友人がそうだったというが素質が違うからね。
悩むところだ。

久々の晴天、一人暮らしでもやることはたくさんあって朝から忙しい。
洗濯二回、布団干し、床磨き、お裁縫、アイロンがけetc.
動いているのに寒いのはやはり病気(橋本病)のせいかしら。

昨晩は豚の生姜焼きを作っていて油がはね、左目下の淵ギリギリを直撃。
あと0.01mm位で目の中に入るところでした。
野球でいうと、あわやホームランかと思いきや、フェンスに当たってツーベースヒットになったようなもの。
ものもらいが出来たように小さくプツンと腫れているが痛みはない。

大谷翔平君の嬉しいニュースを聞きながら、めげずに今日も料理を楽しんでいます。
初めての鶏ハム作りと、カボチャの煮物、鰈の煮付け、新玉ねぎの丸ごとスープ。
ストウブ鍋を使って小松菜と生姜のさっと蒸し。
カブとキュウリの浅漬け。

そんなことから今日は一日中どこにも行かず、ドアすら開けていない。
それでも退屈することなく一人時間を楽しむことが出来る幸せ。
今夜は直球勝負片手にスポーツニュースのはしごになるだろう。
早く日が暮れないかなぁ。

昨日からPC の具合が悪くスマホからです。

昨夜はNHK 歌コンで石丸幹二と井上芳雄が歌った♩地上の星♩に酔いしれました。
今、もっとも気になる男性二人です。
家に居ながらにして思いっきり拍手を送りました。
先週初めてのカラオケで、私が挑んだ曲もまさにこれでした。

月一の検診で橋本病という病名をもらってしまいました。
どうせなら石丸病か井上病がよかったわ。

体重増加と寒がり以外は体の異変は感じないものの、むくみやだるさ、脱力感、士気の低下なども現れるらしいです。
症状からして鬱と誤解されてしまうこともあるらしい。
これには友人に爆笑されてしまいましたが。

そんなわけで薬が出てしまい、今後は毎月血液検査になります。
60歳でバセドーと診断され、65歳で橋本病。
人生で病名をもらったのはこれだけです。
とりあえず血圧、肝機能、コレステロールなどが正常値なのが安心材料です。

引っ越し後にとりあえず放り込んでおいたCDやDVDの棚を整理した。
脳裏の片隅から消えていた一枚のCDに、思いを廻らす。

自分の年代からして、おじ様コーラスグループといえばダークダックスとデュークエイセスかな。
そのデュークエイセスのほうで低音の魅力を発揮されていたのが牧野氏。
仕事を通して接する機会がありその後、親しくしていただいた。
歌声だけでなく、お話するときの声もまた落ち着いた渋声です。

低音部だけで50年もやっていると、たまには一人でまともに歌ってみたいという欲求からソロコンサートをやるというので招待された。
そのときにお祝いの気持ちで買ったのがこのCD。

fc2blog_20180506131531896.jpg

私が出会った頃はたまにNHKの歌番組で拝見する程度でしたが、クリスマスやディナークルーズのショーなどのお仕事もされているとのこと。
豪華客船での面白いエピソードなどたくさん聞かせていただいた。

上品でとても素敵な奥様と二人暮らしをされていて、お二人でボケ防止ゲームを楽しんでいると話されていた。
例えば、山手線の駅名を外回り、内回り順に答える、世界の国や都市の名前を漢字で書くなどといった具合。

私にも同様の問題を出されたことがある。
紐育、巴里、和蘭、伊太利亜くらいなら読み書きできたが伯剌西爾、濠太剌利などとなると完全にお手上げだった。
ベニスの商人は人肉質人裁判と書くというのも牧野さんから教わった。

今、自分はその頃の牧野さんの年齢に近づき、同じようなことをやり始めている。
かつて某大臣が“未曾有”をみぞうゆうと読んでくれたおかげで?この手の書籍が売れているという。
これはなかなか面白いが、相手がいないのでクイズにならないのが残念だ。

fc2blog_20180507103003d4d.jpg

時事ネタをもとにしたダジャレもお得意で、ずいぶんと笑わせてもらった。
そのダジャレもまずは奥様の反応を確認してからお披露目するそうだ。
心理学者の河合隼雄先生もダジャレの常習犯だったと聞いたことがある。
どうやらダジャレと脳の活性化とは関係があるらしい。

『人生に無駄な出会いはない』といわれるが、若い頃に出会った年長者こそ今になって生きている気がしてならない。

ゴミの収集がお休みのせいか、曜日の感覚が鈍っている。
買い物に出かけても予定外の物を買い、肝心の物を買い忘れる。
電子レンジの中に忘れられていた食品もある。
その他諸々、書き出したらきりがない。

誰にだってある、もっともっと若くたって日常茶飯事だと友人は言う。
その友人、数名で待ち合わせをするのに連絡役をしてくれた。
全員に11時と連絡をし、本人が20分遅刻をしてきた。
電車のアクシデントと思っていたら、11時半と勘違いしていた。

外出と頭の体操を兼ね、100均商品をどう利用するかといろいろ考えている。
シンクの下に突っ張り棒二本とネットを使って棚を作った。
ファイルや書類を整理する仕切り板を使ってフライパンや大皿を縦に並べている。
こんなの誰でもやっていると思ったら、友人が感心して早速真似したという。

洗濯機がガタついて脱水の時に凄まじい音を出すようになり、どう調整しても改善されず困っていた。
そこで脚の一か所に百均の茶托を敷いたらおとなしくなった。

直近のアイデアはマジックテープ付きのバンド。
通勤をしていないので、ブックバンドとか二段重ねの弁当を止めるのには必要ない。
そこで浮かんだのがこの頃よく身に着けるガウチョパンツの裾止め。

ガウチョパンツやワイドパンツの困ったところはトイレ。
裾が床に着いてしまう。
そこで、お手洗いに入ったらまずはこのバンドで脹脛からやや下の部分に巻いて止める。
そうすれば床までずり落ちない。
fc2blog_20180505110254819.jpg

注意点として、外出時には必ず携帯すること。
同行者がいるとき、バック持っててあげるわよと言われても必ずバックから出すこと。
用が済んだら必ず外すこと。

100均商品の活用法などネットで調べるとどんどん出てくるが、これは調べる前に思いついたという点で自画自賛のアイデア。
ご飯は飯茶碗、味噌汁なら汁椀といったように器というものは用途がほぼ決められている。
論語には“君子は器ならず”とある。
一つのやり方に固執せず、柔軟でどのような用途にも対応できるのが君子だと孔子先生はおっしゃっている。

100円ショップであれこれ用途を探り、時間を潰しているGWもそろそろ終わりだ。

埼玉県の越谷でアイスクリーム博覧会というのが開催されているという。
世界中のアイスが集合した人気の催事だそうだ。
もちろんトルコからも、あの伸びるアイスが参加している。
かなり前になるが、従業員がわざわざ道路を渡った場所まで伸ばすというパフォーマンスをしてから売ってくれたという思い出がある。

情報を聞いた瞬間に無性に食べたくなったアイスがある。
今や秋田の名物の一つになったババヘラアイス。
ババは方言で歳のいった女性のこと、ヘラは普通に箆のこと。
つまり、婆さんがヘラを使ってコーンのカップに盛ってくれるアイスのこと。

お借りした画像で紹介しますが、こんなアイスです。
fc2blog_20180503131014796.jpg

シャリシャリというよりは、サラサラとしたシャーベット状で、甘ったらしくなく口の中がさっぱりとします。
ババによって盛り方の上手い下手があり、画像のは下手の部類かも。

もの心ついた頃には存在していたが、呼び名は付いていませんでした。
現在20代半ばになる姪が中学生の頃、いきなり“ババヘラ”と呼んでいたので名前が付いたのは最近です。
製造メーカーが付けた名前ではなく、中高生がそのように呼んでいたのがそのまま商標になったというのも面白い。

面白さは名前だけでなく、販売形態にもある。
たいてい車が走る国道沿いで路面販売されています。
黄色と赤のカラフルなパラソルが目印。

お借りした画像です
fc2blog_20180503154334205.jpg

fc2blog_201805031310394ff.jpg

地元では、コンビニや自動販売機の設置間隔よりも多く目につきます。
ババは一人ずつ配置されており、お昼前頃から夕方までいます。
お弁当もここで食べるのを見かけたことがある。
しかし、私が買う場所はたいてい田んぼの真ん前、トイレをどうしているかはいまだになぞのまま。