FC2ブログ
クリニックとデパート
2020/09/25(Fri)
月一のクリニック、相変わらず患者が少なくて二番目。
毎回血圧手帳を持参し、医師がザッと目を通す。

血圧は朝二回、夜二回を記入し、その平均値と、さらに一週間の平均値を記入している。
以前は診察室に通されてから医師に渡していたのが最近、診察券と一緒に受付で渡すよう変更。

「大変よく管理されていますね」とお褒めの言葉をいただく。
さらに「毎週日曜日の夜だけ高めですね」とおっしゃる。
ということは、以前よりはじっくりと見てくれているということがわかった。

「たぶん半沢直樹のせいです、いつも終わってから計りますから」と答えた。
女性の看護師さんは声に出して大笑い。

「それではあと一回で落ち着きますね」と、冷静かつ真顔で返された。
あと一回というのは最終回のこと。
(なぁ~んだ、先生も観ているんじゃない、もう少し違う反応してよとは、私の心の声)

ものの5分もかからずの診察を終え、中途半端に時間が空いた。
久しぶりに電車に乗って髙島屋へ向かう。

千疋屋の前を通ったらマスカットのタイムサービスが始まったところ。
通常一房7,500円が5,000円、心が動いたけれどさっきの診察料1,480円薬代1,800円と比較してやめる。

代わりに催事コーナーで栃木県那須高原のチーズケーキを買った。
友人へ送るのに配送のお願いをしたけれど、担当された方が不慣れで無事に届くか心配。

fc2blog_2020092516472102d.jpg
(画像はネットから)

その後山野楽器へ寄ってウクレレの本を買う。
きょうから☆☆☆三つの高難度、中島みゆきの糸に挑戦。

この記事のURL | 定年後の役に立たない日々と情報 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
じゃんごくさいけれど応援する
2020/09/15(Tue)
パソコンの調子が悪くてイライラ、8年目だから仕方ないのかしら。
きょうは幾分機嫌がいいようで、なんとか使える。

今朝は7時過ぎに秋田の従姉から電話があった。
ほぼ毎日電話をかけてくるけどだいたいお昼前後が多いので、なにかあったかと心配した。

なんてことはない、菅さんの話題だった。
菅さんが18歳まで過ごした土地が元夫の実家の近くで、あまりの田舎に驚いたという話。

“じゃんごくさい”とは、秋田弁で垢ぬけないとか田舎臭いという意味。
雪の多さは秋田でも有名で、おまけに道幅が狭くて町全体が閉鎖的な印象だったとか。

もちろん何十年も前のことで、今では新しい道路も開通し、町の様子も変わっている。
菅さんが注目されたことでまさか別れた夫の実家を思い出すとはと、笑っていた。

ツイッター上ではガースーなどと呼ばれ、本人は別に悪い気はしないとおっしゃっていた。
有働由美子さんは直接本人に“余裕のよっちゃん”と言って、まわりから批判を買ったとか。

仮にもじき総理になる人に対して失礼だという。
有働さんは親しみを込め、菅さんも気にしていないのに、元NHKだからでしょうか?

よしひでだからよっちゃん、悪くないと思うけれど批判する人は必ずいる。
むしろそのくらいいじって菅さんの笑顔を増やしてほしい。

世襲でもイヤ、たたき上げでもイヤ、右だから左だから・・とにかくイヤのオンパレード。
総理なんて誰がやっても批判の嵐を浴びる、どうか打たれ強くあってほしいと祈るばかり。

同じツイッターでも井上順さんのように、すがすがしい世の中にというつぶやきはステキだ。
ダジャレもこんな使い方だと気持ちがいい。

この記事のURL | 定年後の役に立たない日々と情報 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
借りている本が形見になってしまった
2020/09/07(Mon)
先月末、一回り年下の元後輩が亡くなった。
昨年5月末にクモ膜下出血で救急搬送されて以来、一度も意識が戻ることなく力尽きた。

彼女は菅官房長官なみにアルコールがまったくダメ。
それでも飲み会などは乾杯のコカ・コーラとウーロン茶だけで必ず出席していた。

個人的には興味や関心が似ていたこともあり、休日に一緒に出かけることも何度かあった。
出かける先はたいがい映画と美術館や博物館の催しが多かった。

一緒に旅行はしていないがイスラエルやエジプトにも行っていて、情報交換をすることもあった。
それに関連し、聖書についての勉強会などにも一緒に行った思い出がある。

30歳そこそこで購入した3LDKのマンションで一人住まいをしていた。
そろそろローンの返済も終わるころで、そうしたらまた旅行に出かけたいと言っていたのに。
自分より若い人が亡くなるのはなんとも辛いものです。

そういえば彼女から無期限で借りている本がある。森村誠一の悪魔の飽食。
どういういきさつで彼女がこの本を読み、私がそれを借りることになったのかまったく思い出せない。

おそらくはフランクルの夜と霧という本の話から発展していったものだと想像する。
きょうその本を手に取ってみたが、再び読みたいという気持ちにはなれなかった。

共通の友人と相談し、形見としてこのまま持っているのがいいのじゃないかということになった。
随分と重くて怖ろしく、ややもすれば誤解されそうな形見になってしまった。

この記事のURL | 定年後の役に立たない日々と情報 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
安倍さんの思い出
2020/08/30(Sun)
秋田の実家へ帰るとテレビの横に写真が飾ってある。
その写真とは14年ほど前のもので、安倍総理と友人とわたしが写っているもの。

友人の誘いで月一ペースで永田町自民党本部に通っていた時期があった。
世界各国の駐日大使が月替わりで日本に関する印象などを英語でスピーチしてくれる。

友人は一回り年上でしたので当時すでに退職されていて、自民党本部にコネがあった人。
先着順ではあるものの無料で拝聴できるというので、英語に関心があった私に声をかけてくれた。

とりわけ印象に残っているのはフィンランドの大使で、おもに観光誘致の内容だった。
観光誘致というだけあって会の終わりにはちょっとした立食パーティを開いてくれ、無料で参加できた。

フィンランド産ワインの大盤振る舞い、これにはたまたま本部内にいたテレビでよく見かける議員たちも参加。
友人は大手化粧品メーカーの広報に携わっていた人、若手議員たちに叱咤激励の声をかけていた。

そんなこんなで二年ほど通っていた頃、第一次安倍内閣がスタートした。
全国から支持者が集まってのお祝いパーティがあり、それにも友人の力で参加できた。

写真はそのときのもので実家の家族を驚かそうと送ったもの。
麻生大臣と写っているものもあるが、両方とも三年前の引っ越しでどこかに消えてしまい、私の手元にはない。

その後友人が病気を発症し、10年前に亡くなった。
永田町に行く機会もなくなってしまったが、いつも安倍総理とセットで思い出す。

私の甥は安倍総理の病気とほぼ同じクローン病、大学生のときに発症し、長い入院生活を送った。
一生のつき合いになるという難病で、就職できるかどうかも不安だったが、総理の姿を見て小学生のときからの夢であった数学教師になった。

ところが二週間ほど前、再び体調異変があり通院の毎日だそうだ。
安倍総理、病気のことを正直に話してくださり、ありがとうございます。
お元気になられて同じ病気の人たちを励ましてください。

この記事のURL | 定年後の役に立たない日々と情報 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
誕生日の夜のお客様
2020/08/27(Thu)
昨日で68歳になりました。
深い理由はないのに偶数の年齢が好きです。
これからの一年、何があってもスパッと気持ちよく割り切れるような期待を抱きます。

元職場の友人からお祝いのユーパックが届き、メッセージカードを読みながら一人乾杯の夜。
毎年毎年オシャレなプレゼントと、ほろっと胸に染み入るお祝いの言葉を送ってくれる。

一人胸熱気分に浸っていたところ、フローリングの床になにやら黒っぽいものを感じた。
よく見たら一匹のゴキちゃんだ。

そういえば何日か前、ベランダにいるのを発見して慌てて窓を閉めたことがあった。
そんなことすっかり忘れて日中ずっと窓を全開にしていた。

とりあえず一番手元に30㎝のアクリル定規があったので、それを手にして呼吸を整える。
手を振り上げた瞬間に逃げられてしまい、しばらくそのままにしておいた。

ほどなくして今度は背後から現れたのをしばし様子見、移動し始めたのを一気に定規で狙い撃ち。
見事命中したものの、透明のアクリル定規からよく見えるその姿はさすがに不気味。

いろいろ思案した結果、キッチンペーパーを数枚重ね、目を背けたまま定規ごとすくい上げて処分。
床にはスプレー式の洗剤をふりかけ、何度も拭いた。

ところでアクリルの定規には金属の枠が付いていたが、ものの見事に歪んでしまった。
まぁこれが100均というもの、惜しげなくこちらも処分した。

このマンションに住んで丸3年にして初めての登場、ここにも居ることがわかってよかった。
誕生日を祝ってくれたのか、退屈な夜の遊び相手をしてくれたのか、とんだ珍客だった。

この記事のURL | 定年後の役に立たない日々と情報 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
きょうは何の日 ウクレレの日
2020/08/23(Sun)
午前中の大雨のせいか、だいぶ過ごしやすい午後です。
しかしまたまた残念なことをしてしまいました。

昨日茹でた枝豆を入れた容器を冷蔵庫に入れ忘れていました。
今朝気づいて慌てて確認したところ、時すでに遅しで破棄する羽目に。

茹で上がったとき二~三さやほど試食しただけだったので悔しくてたまらない。
うっかりミスで今夜の半沢直樹が始まる前、一人宴会の楽しみがなくなってしまった。

ところで今日はウクレレの日だそうですが、そんな記念日があることを知りませんでした。
19世の終り頃、ハワイに移住したポルトガル人が持っていた楽器がウクレレのルーツとなったそうだ。
そのポルトガル人が移民として登録した日が8月23日だったというところからきているという。

ウクレレとは飛び跳ねるノミというハワイ語で、確かにあの弦の響きは飛び跳ねるという表現がピッタリ。
しかし19世紀とはいえ、ハワイとノミが結び付かないのは一度も行ったことがないせいだろうか。

アロハシャツが日系移民が着ていた着物がルーツだということは何かで知っていた。
津波が英語でもTSUNAMIであるのも、ハワイ沖で発生した地震の時に日系人が津波だと騒いだことからきているという。

私がウクレレに興味を持ったのはほんの3~4ヶ月前、志村けんさんが亡くなって追悼番組を観ていた時。
高木ブーさんがスーツの上に、椰子の実ほどの大きな黒い粒の長いネックレスを着けているのが目に入った。

仏事用の特別なものかと気になり、ネットで色々調べているうちにウクレレまで辿り着いた次第。
ハワイではウクレレは日本の小学校でリコーダーを習うようなものだと知り、一気に興味が湧いた。

ちなみにブーさんの巨大なネックレスはハワイアンのレイの一種だそう。
別の番組では色違いの白でしたが、とってもインパクトがあってブーさんに似合っている。

fc2blog_20200823083359122.jpg

飛び跳ねるノミのような演奏ができるまで練習あるノミ。

この記事のURL | 定年後の役に立たない日々と情報 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ウクレレな日々
2020/08/20(Thu)
連日の猛暑の中、毎日変わらず8時間睡眠をとっている。
その間、一度も目を覚ますこともなく、したがってトイレに起きることもない。

朝起きるとお湯を沸かして麦茶作りからスタートする。
頭が活動するのはせいぜいお昼過ぎまでなので、午前中は貴重な時間。

午後になるとじわりじわりと妙な行動が起きてくる。
電子レンジに用があるのに冷蔵庫を開け、何をするつもりだったかしばし考える。

冷凍するつもりで準備したものを入れ忘れ、解凍するものを出し忘れる。
テレビのリモコンとスマホを間違えたりと、きりがない。

先日などスポーツニュースを観ていて、試合がなかった巨人の相手球団をどうしても思い出せない。
広島、中日、阪神、DeNAまでわかっているのに、あと1チームがどうしても出てこない。

結局、スマホでセリーグ6球団を調べたらヤクルトスワローズ、なぜ忘れたのかが不思議でならない。
ある日突然、菅官房長官を忘れてしまったようなものだ。

特に菅官房長官でなくてもいいんですが、たまたまラジオを聞いていたら村上春樹さんが菅さんと同い年で微妙な気分だとおっしゃっていたものですから。

そんな中、思考能力が低下する午後はウクレレの練習に励んでいる。
表を見ないで押さえられるコードも増え、キレイな音も出せるようになってきた。

今気に入っている曲はゴンドラの唄と知床旅情。
特にゴンドラの唄はユーチューブで、恐れ多くもちあきなおみの歌に合わせて練習。

ゴンドラの唄は大正4年に発表された曲というから、105年前になる。
そのすぐ後に日本でもスペイン風邪が蔓延している。

当時の日本ではスペイン風邪は相撲風邪と呼ばれていたという。
なんでも台湾に巡業した力士が最初にかかったせいらしい。

100年前からマスクと手洗い、そしてゴンドラの唄。
歴史の中でも三つ子の魂は生きていると納得し、ますますこの歌が好きになる。

この記事のURL | 定年後の役に立たない日々と情報 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
顔剃り
2020/08/09(Sun)
コロナがなかったら今頃何をしていたか・・。
実家へ帰って友人がやっている床屋さんで顔剃りをしてスッキリしていたはず。

マスクをするようになって化粧を省略していたせいか、顔の産毛が目立っていた。
おまけに口廻りには黒々とした太い毛が一本生えている。

床屋を営んでいる友人に、今年の夏は顔と襟足の産毛剃りをお願いしてあった。
『ノーメイクの顔を見せる自信があるならいつでもやってあげるよ』と、彼女独特のジョーク。

そもそも友人が床屋を開業したきっかけは、脳梗塞で顔も含めて身体にマヒが残った父親を車椅子で床屋さんに連れて行ったときの経験からきている。

一瞬迷惑そうな顔をされたその瞬間を見てしまい、それがきっかけとなって高齢者や身体の不自由な人のための床屋を始めたいと決心したのが20代後半のこと。

通信教育で勉強した後、実際の現場で7~8年修行したそうだが、なんとも辛い修行だったらしい。
いわゆる昔気質の“見て覚えろ”式で、言葉で教わることはほとんどなかったそうだ。

自宅を改装したお店は靴を脱ぐような作りになっているが、脱ぎ履きの困難な人はそのままでも大丈夫。
もちろん車椅子でも入れるように配慮されている。

店が暇なときは近くの高齢者施設まで出かけて散髪サービスをしているとのこと。
なんでもこの施設で高校時代に憧れていた男性にも会ったそうだ。

あれほど憧れていた人が、まさかまさかの車椅子姿になっているとは夢にも思わない。
彼をめぐって張り合っていたクラスメートに、すぐにでも知らせたいと笑っていた。

また、近くの道の駅から夕方4時になると売れ残っている弁当の連絡が入る。
今度は食事の支度が困難なお客さんに電話で注文を取り、届けているという。

昨年その道の駅の中に入っているレストランで食事をした。
人生で一番満足したエビフライ定食、今年も食べられるはずだった。
fc2blog_20191220114622133.jpg

しょうがないので長年愛用している貝印のレディ用長刃カミソリでセルフ剃り。
口元を舌でポッコリ膨らませるのにも一苦労するほど、たるみが進んでいる。
この記事のURL | 定年後の役に立たない日々と情報 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
食欲不振のバロメーター
2020/08/05(Wed)
毎年のこと、無性に心太が食べたくなると食欲が落ちてきている目安になる。
まさに今がその時期で、とりわけ朝食には欠かせない一品となっている。

子供の頃は祖母が天草を煮るところから自宅で作っていた。
あのもさもさした不気味な海藻が煮詰まると、糊のように半透明で固まるのが不思議だった。

木製の箱に流し入れ、固まったら羊羹のように切り、専用の押し出し器でつくのが楽しくてしかたなかった。
弟と喧嘩しなら家族分の本数を突き出していたのも懐かしい。

心太は酢醤油とおろし生姜で食べるのが一番好き、と言うかそれでしか食べない。
とりわけ赤飯と一緒に食べるのが好きだった。

何処に行ったときだったのか場所の記憶はないが、メニューに心太しかない茶屋に立ち寄った。
天草100%を食べて育った舌でも満足するような心太だったが、辛子が添えられていたのに驚いたことがある。
逆に一緒にいた友人たちにはおろし生姜で驚かれた。

もう一つ最近はまっているものが塩豆腐。
fc2blog_202007091412564be.jpg

あまりにもまとめて買うせいかレジ係の女性に、どうやって召し上がるんですかと聞かれた。
たいていチーズのように切り、トマトと一緒にオリーブオイルだけで食べている。

先日このスーパーへ行ったら特売になっていて、いつもより50円ほど安かった。
そして今までなかったのに大きなPOPが貼ってあった。

最近売れています
  そのまま奴で
  トマトと一緒にカプレーゼ風に
  豆腐ステーキで
  肉巻きにして
アイデアで食べかたいろいろ


私の食べかたもしっかり反映されている。
このスーパーのPOPは“ひっそりと売れています”や“何気に売れています”など、面白い。

自宅ではあっさりと、外食ではガッツリとが夏の食事の傾向。
昨年も週一ペースで300gのステーキを食べていたが、今年は外食どうしようかなぁ。

この記事のURL | 定年後の役に立たない日々と情報 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
スマイルマイレージ
2020/08/02(Sun)
前回記事にした一人暮らしの高齢の男性、警察が部屋の中に入ったとき亡くなっていたそうです。
死後二日位だったこと、身内と連絡がつきお葬式は済ませたというようなことをお隣さんから聞きました。

そんなわけで昨日は気が重かったですが、今の私にはウクレレがあり、一日中練習していました。
目指すはボロンボロンと弾くのではなく、弦の一本一本を弾くアルペジオという奏法で両手の指すべてを動かすこと。

話は変わって朝ドラエールにチョコッと出ていた井上順さん、懐かしくて調べていたら彼のツイッターを見つけました。
毎朝9時前後の一日一回のつぶやきが面白くてフォローしています。

現在73歳だそうですがとにかくポジティブで、一日の始まりをほっこりスタートさせています。
ちなみに昨日は、厳しい時期だからこそ笑顔で乗り切ろうというもの。

笑顔が幸せを作ると信じている。毎日コツコツ、スマイルマイレージを貯めていこう。
『特典は井上順サイン入り空気』


何日か前には笑い方辞典というツイートがあった。

お母さんの笑い方はハハ、歯科医はハハハ、薬剤師はクスリ、料理人はクック、虫に刺された人はムヒヒ。
床屋さんはケケケ、沖縄の人はナハ、消防士はヒヒヒ、双子はニタ、酪農家はウッシッシ、等々。


なんでも芸能界のダジャレ王と呼ばれているそうですが、こういう軽さにホッとする。
ツイッターに載せるためにわざわざスーツに着替えて写真を撮るのも一流の証でしょうか。

さて今日は日曜日、夕方からテレビ三昧の日です。
早めに風呂に入り相撲の上位戦を観た後は、NHK世界の今、さっさと食事と片づけをすませてポツンと一軒家。

そしていよいよ半沢直樹。
めったにドラマを観ないせいか、はたまた歳のせいか相当集中しないとテンポについていけない。

メガバンクと証券会社の話のため、半沢部長の席の後ろに世界の株の動きを示すボードがある。
画面の目立つ位置に台湾が映ったことで中華さんが騒いでいるとか、まったくもう水を差さないでおくれ。
ちなみに銀行のシーンは国立博物館の中央階段だそうです。

fc2blog_202008021219320d6.jpg  fc2blog_20200802123257548.jpg

この記事のURL | 定年後の役に立たない日々と情報 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ