FC2ブログ

定年直前に引っ越し。一人でも楽しく暮らす工夫をし、初めての土地で、初めての年金生活始めます。


美容院か美容室か
辞書を引くと美容院は載っているが美容室は載っていない。
ということは美容院が正しいのかもしれないが私は美容室と言うことにしている。
美容院というと必ず病院と聞き返されるか、誤解されたままで話が終わりとんでもなく面倒なことになる。
特に最近は年齢も上がったせいか、病院が先行してしまう。

糸井重里さんのほぼ日に“言いまつがい”というのがある。
もちろん正しくは“言いまちがい”なのだが、わざとユーモアを含めて言いまつがいとしてそれを皆で共有して楽しむというコンテンツ。

言いまつがいもあるが聞きまつがいというのも日常生活では当たり前にある。
または覚えまつがいというのもあるだろう。

私の叔母は(東北の田舎に住んでいる)20年ほど前、初めてスーパーでアボカドを知り、野菜なのか果物なのか知らないが身体によさそうだし、何といっても安かったからと買ってみたそうだ。
後で聞いたことには『この前初めてガボガボという不思議なものを食べた』と廻りに話していたそうだ。

葛飾区に金町(かなまち)という所がある。
ここに住んでいた二歳年上のおっちょこちょいな友人の話。

高校の入学祝いでおばあさんがプレゼントしてくれた腕時計が故障し、近くの時計屋さんに持って行った。
時計屋さんが『オーバーホールが必要なので預からないと無理ですね、カナマチですか』
友人は咄嗟に『ビンボウです』と答えた。カナマチがカネモチに聞こえたのだ。
時計屋さんはまたしても『カナマチですよね』と念を押した。
友人は内心、二度も確認されるとは相当修理代がかかるんだと思い、さらにはっきりと『ビンボウですけど』と答えた。
ここでやっと時計屋さんは聞きまちがいされていることに気づき、
『通常この手の修理は5千円ほどかかるんだけど、それじゃ4千円にまけておきますよ』と粋な対処をしてくれたそうだ。
最初からお住まいはカナマチですかと聞いてくれたら問題なかったのですが、それにしても下町の人情とはいいものだ。

間違いを真っ向から指摘されると誰でも不愉快になるか、指摘した相手を恨む人もいる。
私はよく人からこんな失敗をしちゃったと告白される。
物は言いようではないが、聞きようもあると思う。
自分にだってこんなまつがいがあったくらいで接すると、角が立つような空気が笑いとなり、何年経っても明るい思い出として記憶に残り、懐かしんでもらえると信じている。

ちなみにおっちょこちょいだけど憎めない彼女はもう金町には住んでいません。
カネモチになっているかなぁとときどき思い出してはほっこりしている。

2017.10.13 / Top↑